マーケティング会計による業績改善

3ヶ月で業績改善を叶える今井会計事務所だけのノウハウとは?

ちょっと前の時代までは、人脈だけで商売ができました。顧客の求める商品やサービスの情報が限られていて、顧客は知人の紹介や口コミ、路面営業、雑誌広告などを見て来店し、購買活動をしていました。

しかし、現在はインターネットの普及で顧客の求める情報は簡単にインターネットから集めることができるようになり、今までの営業活動だけでは立ちいかなくなっています。

典型な例がネットショップです。顧客はインターネットの環境さえあれば簡単に自分の欲しい商品や価格比較ができ、全国どこでも購買活動ができます。企業側も実店舗を持たなくてもいいし、全国あるいは世界中のお客さんをターゲットにすることもできます。

反面、競合他社がすぐに現れやすく、すぐに価格競争となります。その商品やサービスで儲けられる期間はだんだん短くなってきています。

ますます、ネット広告の品質とスピードが求められ、コストも膨らんでいきます。
そうなると広告の効率化や効果というものが黒字経営の鍵となります。

マーケティング会計とは?

「マーケティング会計」とは企業のマーケティング活動を記録、計算、管理することです。あるいは、顧客の求める商品・サービスの情報を提供し、得られた成果を記録、計算、管理することです。

これまで当事務所がお客様と一緒に業績アップに取り組んできた経験をもとに、売上を上げるための打ち手と効果を簡単に分析・管理するための方法とご理解ください。

起業家・ネットショップ店長にとってのマーケティング会計の必要性

私に相談にこられる経営者の方の場合、売上アップの施策(例えば、PPC広告やメルマガの発行など)をほとんど感覚でされています。感覚もとても大切なことなので、引き続き続けてください。

ただ、大抵うまくいかないと途中でやめてしまうケースがほとんどです。それでは本当に失敗したのか、分析も評価もできません。こういうことは最初からうまくいくとは限りません。

むしろ失敗しながらコツを覚えていくものです。成功するまでテストを繰り返すことも必要です。テストをするにも時間もお金も必要なので、やる前にある程度の目論見と経過の分析がかかせません。そこで、この「マーケティング会計」が役に立ちます。

マーケティング会計をやらないとどんなデメリットが生じるのか

マーケティング会計をやらなければ、お金と時間を無駄にしていることに気が付かないことです。「気がつかない」ほど恐ろしいことはありません。いったいあなたは何時間といくらのお金を無駄にできますか?

ページトップへ戻る

メールアドレス

会社設立したい方 税理士変更したい方