放課後等デイサービスの開業資金


放課後等デイサービス経営支援 .comを企画・運営している
税理士の今井信吾です。

今年も1年間息子と一緒に汗をかいた野球塾も
無事終了しました。
私も息子もまだまだ伸びシロがあるというこ
となので、来年もさらに頑張ります。

アーデル

今回のブログでは、放課後等デイサービス
開業資金についてご説明したいと思います。

100%黒字経営をするためにも開業前から
十分な準備が費用準備の一つとして「創業計
」があります。

その創業計画を作成するためにも、開業資金
がいくら必要で、どんな内容かをあくまでも
目安ですが、ご説明したいと思います。

●初期費用
先ずは、初期費用です。初期費用とは、開業
時に支払いが発生する費用です。

①車
送迎サービスをする場合ですが、車両は通常
2~3台必要と言われています。

3台✖️100万円=300万円

車両の維持費として、1台あたり月2万円を
想定してください。

②保険
次に、保険です。想定外のトラブルや事故は
つきものです。保険の加入は必須です。

自動車保険、車両1台につき15万円くらい
です。

施設賠償保険が6万円くらい。とても重要な
保険ですので、放課後等デイを熟知した保険代
理店にお願いすべきです。

火災保険2万円くらい。

③人事労務関係の費用
人材募集費用、タウンページなら30万円くらい。

④不動産関係(敷金・礼金・内装費・仲介手数料)
物件により金額はいろいろあります。

内装も数十万~900万円くらいでしょうか。
こだわったらキリがありません。

⑤集客用チラシ
ロゴ、チラシ、パンフレット、名刺、ホーム
ページ、フェイスブックページなど。
安くても20万円くらいはみておいた方が良
いと思います。

⑥備品関係
ロッカー  50,000円
机・いす  50,000円
冷蔵庫   50,000円
テレビ   50,000円
洗濯機   30,000円
レンジ   10,000円
介護ソフト100,000円
書庫    50,000円
その他(おもちゃ等)60,000円
複合機 100,000円
PC  150,000円×2台



●運転資金
次に運転資金です。運転資金とは、開業後の
月々の支払いをするために必要な資金です。
売上収入が、支払いより少ない場合は、
その足りない部分の手当てが必要です。

一般的なデータによると黒字化まで半年くら
いかかります。

①売上
仮に10人定員の施設で9割の稼働とした場合
は、以下のように計算します。

平日
1万円(児童一人当たりの平均単価)×9人×
22日=1,980,000円

また、休日も営業される場合は、以下のよう
に計算します。

休日
1万円×4人×4日=160,000円

開設から、定員になることもあるかもしれま
せんが、通常は、開設月の利用者は少なく、
徐々に利用者が増えていくパターンが多いと
思います。

開設月の売上はゼロ、仮に、
2か月目以降の稼働率が60%、80%、
100%と想定すると、以下のように計算します。

2ヶ月目
(1,980,000円+160,000円)×60%=1,284,000円
→平日5.4人、休日2.4人利用

3ヶ月目
(1,980,000円+160,000円)×80%=1,712,000円
→平日7.2人、休日3.2人利用

4ヶ月目
(1,980,000円+160,000円)×100%=2,140,000円
→平日9人、休日4人利用

②人件費
人件費は、給料、役員報酬、法定福利費
(社会保険の会社負担分)、厚生費
(通勤手当など)を言います。

これも、人員配置や営業日数などで変わって
くると思いますが、参考までに、以下のよう
に計算すると良いです。

常勤・自発管 260,000円
常勤     240,000円
非常勤
平日 1,000円×3人×22日×4時間=264,000円
休日 1,000円×2人×4日×6時間=48,000円

③その他の経費
上記以外の経費として、参考までに以下に
列記します。

・税理士・社労士報酬
・家賃
・駐車場
・水道・光熱費



●開業資金の調達方法
上記の初期費用と運転資金を合わせて
開業資金」言います。
この開業資金は一般的に1500万円~
1800万円くらいといわれています。

仮に1800万円だったとして、自己資金
300万円だとすると1500万円は融資で賄う
ことになります。

融資の調達先として2つあります。
①日本政策金融公庫
②信金、地銀、都市銀行

融資の種類としては、
①創業融資
②経営力強化資金
③ソーシャルビジネス向け融資

融資のポイントを言います。
①上記の調達先と融資の種類を戦略的に選択
し、融資申請をする。

②事業所のコンセプトが何より魅力的である
こと。
競合他社との差別化ができていること。

③実現可能性の高い創業計画書が緻密に作成
されていて、説明ができること。
金融機関が用意しているフォーマット程度
の創業計画では足りません。

④金融機関の担当者が放課後等デイサービス
に詳しいこと。

⑤開業後の経営管理体制を整えることが可能
であること。

上記①~⑤のポイントを金融機関に証明できれば、
希望額の融資の可能性が高くなります。

本日は、放課後等デイサービスの開業資金に
ついてお伝えしました。
●追伸
当事務所では「放課後等デイサービス開業の
ための創業融資・創業補助金(助成金)相談
窓口」を開設することになりました。

詳細はこちらをご覧ください。

今井会計事務所は、放課後等デイサービスを中心に
業績改善・資金調達・税務調査に関する
サービスを提供しています。

放課後等デイサービスのオーナーさんは、お気軽にご相談下さい。
東京都中央区の税理士・今井会計事務所はこちらメールマガジン登録

カテゴリー: 放課後等デイサービス, 経営計画, 開業支援 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 1件のコメント

ソーシャルビジネスの資金調達は公庫がお勧め


放課後等デイサービス経営支援 .comを企画・運営している
税理士の今井信吾です。

今回のブログでは、ソーシャルビジネス
資金調達についてご説明したいと思います。

ご相談者からよく聞く内容として、
自己資金を半分くらい用意しないとダメ
ですか?」
経営力強化資金を利用しようと思います」

これらは、古い情報だったり、ネット上の
情報だと思います。
私もときどきブログに書いたりしますが、
それが全てではありません。

融資にも「旬」があります。時期、業種
によって融資を受けやすかったり、
金利や安かったりします。

公庫とのパイプを持ち、業種に特化している
からこそ、旬な情報をお伝えできる
と思います。

直接ご相談にきていただければ、
最新の情報をもとに最適な方法を
ご検討できると思います

●なぜソーシャルビジネスの資金調達は公庫がお勧めなのか
先ずは、こちらの情報を見ていただくと
わかりますが、
政府はソーシャルビジネスの支援に力を
入れています。

公庫も国が100%出資の会社なので、
その方針に従います。

創業時融資金利としても、私の知る限り
最も安い金利となっています。

 

●ソーシャルビジネスとは
地域社会においては、環境保護、高齢者・
障がい者の介護・福祉から、子育て支援、
まちづくり、観光等に至るまで、多種多様な
社会課題が顕在化しつつあります。

このような地域社会の課題解決に向けて、
住民、NPO、企業など、様々な主体が協力
しながらビジネスの手法を活用して取り組む
のが、ソーシャルビジネスです。
(経済産業省ホームページより)
・融資制度 の概 要
ご利用 いただける方
保育サービス事業、介護等を営む方
NPO法人

ご融資額 7,200万円以内
(うち運転資金4,800万円以内)

ご返済期間  設備資金20年以内、
運転資金7年以内

利率(年) 基準利率、特別利率A、
特別利率C

※ お使いみち、ご返済期間、担保の有無など
によって異なる利率が適用されます。
詳しくは日本公庫HPをご覧ください
本日は、ソーシャルビジネスの資金調達についてお伝え
しました。
●追伸
当事務所では「放課後等デイサービス開業の
ための創業融資・創業補助金(助成金)相談
窓口」を開設することになりました。

詳細はこちらをご覧ください。
http://imai-zei.com/lp/soudan

今井会計事務所は、放課後等デイサービスを中心に
業績改善・資金調達・税務調査に関する
サービスを提供しています。

放課後等デイサービスのオーナーさんは、お気軽にご相談下さい。
東京都中央区の税理士・今井会計事務所はこちらメールマガジン登録

カテゴリー: 放課後等デイサービス, 税理士, 資金調達, 開業支援 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

放課後等デイサービスの創業融資対策


放課後等デイサービス経営支援 .comを企画・運営している
税理士の今井信吾です。

今回のブログでは、放課後等デイサービス
開設にかかせない創業融資についてご説明し
たいと思います。

放課後等デイサービス開設をするためには
創業融資を受けなければなりません。

なぜか?と言いますと、
通常、放課後等デイサービス開設費用と開業
してから軌道に乗るまでの運転資金で1,000万円
から2,000万円必要になります。

それから、あなたが用意された自己資金との
差額は創業融資で賄うしかありません。

創業融資を受けるためには金融機関が納得す
創業計画の作成が条件です。

創業計画の作成には入念な準備と経営者とし
ての心構えが必要です。

経営者としての心構えには、100%黒字経
するための環境づくりをすることです。

黒字経営ができなけれは、いつか資金も底を
つき、廃業に迫られるからです。

そもそも、創業融資とは、
こちらをご参照ください。

では、創業融資を受けるための具体的なステップを説明します。

●初期投資コストを調べる
施設の家賃、敷金保証金、礼金、仲介手数料、
内装費用、送迎車両、人員の給料など。

●売上計画を立てる
なるべく現実的な計画が良いです。
例えば、開設初月はゼロ、5か月後に9割
稼働となる計画とするなど。

●人員計画を立てる
従業員さんの給与計画を立てる。
役員報酬(あなたの給料)は最後に決めた方が
良いでしょう。

●経費計画を立てる
税理士報酬、社会保険労務士報酬、人材採用費、
保険料、車両維持費、販売促進費、OA機器、
家賃、通信費、水道光熱費、駐車場代、ガソリン代
などの計画を立てる。

●資金計画を立てる
上記の結果から、最大いくら資金が足りない
かがわかります。
その不足資金余裕資金を足したくらいの金額が
金融機関から借りなければならない金額です。

詳しい内容については、今後のブログで紹介しますね。

本日は、創業融資についてお伝え
しました。

次回は、創業融資について詳しく書きますね。
楽しみにしていて下さい!

●追伸
当事務所では「放課後等デイサービス開業の
ための創業融資・創業補助金(助成金)相談
窓口」を開設することになりました。

放課後等デイサービスの無料相談はこちら。

今井会計事務所は、放課後等デイサービスを中心に
業績改善・資金調達・税務調査に関する
サービスを提供しています。

放課後等デイサービスのオーナーさんは、お気軽にご相談下さい。
東京都中央区の税理士・今井会計事務所はこちらメールマガジン登録

カテゴリー: 役員報酬, 放課後等デイサービス, 税理士, 経営計画, 資金調達, 開業支援 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ